×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニキビやニキビ跡の赤みや凸凹を消すために

睡眠不足と食事がニキビの原因だった

やりがいのある仕事をすることができると、ついつい無理をして成果を求めたくなるものです。私にもそんな時期があり、仕事がとても面白くて職場でも率先して残業もいとわず、家では仕事に関するスキルをつけるために睡眠時間を削って勉強していました。

 

仕事は楽しかったですが、体は少々お疲れ気味で肌にニキビがたくさんできて困っていました。仕事第一だった私はスキンケアもそこそこで、体にも肌にも気を使わない日々を送っていたのです。そんな生活ではニキビも良くなるわけもなく、一応、ニキビケア用品を使っていましたが効果はなかったのです。

 

それから少し経って仕事熱も収まり、充分に自分の時間を取れるようになったので、本格的にニキビを何とかしようと思い始めました。まずは生活習慣を改めなくてはいけません。万年睡眠不足で夜寝るのが遅かったから、早く寝て睡眠時間を確保するようにしました。

 

そして、食事もコンビニ弁当が中心だったので、それを改めるようにして、食生活にも気を使うようになったのです。それから一年くらいかかりましたがニキビは徐々に良くなり、ニキビを治すことができました。

 

大人になってニキビができたこと

自分は顔にニキビができやすい体質だと思います。特に風呂に入っていないとすぐにニキビになります。そのため、生活をコントロールするのが難しいのです。最近でもニキビになった経験があります。

 

私がニキビに気付いたのは最近です。朝になってみると、その日の顔に大きなニキビがあったのです。これは非常に困りました。私はすぐに市販の薬を買い、その後の様子を見たのです。最近では薬も進歩しているようで、大きな結果にはなりませんでした。

 

自分でも驚いたのが、大人でもニキビになることです。私は小さい頃にニキビを体験していますが、大人になって発生したのは意外です。また、その意外性よりも痛みがあったので辛かったです。今はこれらも治っていますが、ニキビには様々なタイプがあるようです。

 

今回の体験で分かったのは、大人でも油断できないことです。ニキビはすぐに発生するので、常に薬を持っています。そして、ニキビになった時はすぐに対処することも大切なようです。